ネイル検定の実技試験について

ネイル検定試験で行われる実技

ネイル検定は民間資格なので、いくつか種類があるみたいですね。

その資格によって試験の内容も変わると思いますが、実技試験はどんな内容なのかおおまかな例をご紹介します。

ネイリスト技能検定試験はどの指に何をするのかという指定パターンがいくつかあり、数カ月前にどのパターンか発表されます。

例えば、2014年度春期1級においては、アートのテーマは「ハート(3D)」で指の指定はAパターンとなっています。

Aパターンとはスカルプチュアネイルが左手5本、チップ&オーバーレイは右手中指と左薬指、ミックスメディアアートが右手人さし指となっているようですね。

2級はもう少し簡単になって、アートはアーガイル柄、ネイルアートは右手中指、チップ&ラップが左手中指の2本だけとなっています。2級もいくつかパターンがあって、毎年試験前に発表になります。

3級は、パターンはなくアートテーマが発表され、ネイルアートをするのは右手中指1本だけのようです。

実技試験は実技に入る前の事前審査から採点のチェックポイントになりますので、テーブルセッティングや消毒管理、モデルの爪の状態、チップの状態も気をつけましょう。

実技試験では10項目において5点満点法で採点しますので、最高は50点です。

事前審査のチェックで不適切な場合は減点や失格になってしまう場合もあるようですよ。

ジェルネイル資格向けのおすすめ通信講座


日本パーツビューティーアカデミー(ジェルネイル資格通信講座)


日本パーツビューティーアカデミー」は、ジェルネイル資格に特化した通信講座を行っています。

ジェルネイル認定講師資格を通信形式で取得できる・・ということで、ジェルネイリストとして活躍できたり、趣味として楽しむのにも最適ですね。

ジェルネイル技術は難易度も高く、独学でも習得はなかなか困難です。

ジェルネイル検定の初級から上級まで、合格するのにも役立つ技術を効率よく学べる通信講座では、日本パーツビューティーアカデミーの講座は人気もあるのですね。

自宅サロン開業を目指して受講する人も多く、未経験・ネイル初心者の人もサポート内容には安心できるようです。

「日本パーツビューティーアカデミー」のサイトへ





page top